2012年05月06日

付録5

魔王に一番近い力量を持つユナイト、黒騎士エグゼリプス。
表向きに出ることはなく、ユナイトの中でも知る者は少ない。主に裏で活動する。
あれ、描いたらなんか変に思えてきたぞ。
2012_05_06.png

歩兵を生み出す能力を持つ。その歩兵はマギアムが魔力をアクセスすることで視覚を共有でき、情報収集を行っている。マギアムは歩兵の正体を薄々感じてはいるが真実にたどりついていない。
ユナイト内で数百体存在する歩兵は各地に数体配置され、魔獣から街を守る警備を司る。独立した意思を持っているが、エグゼリプスの意思を介入することでいつでも遠隔操作ができる。歩兵の力量で倒せない魔獣はエグゼリプスの操作で対応される。そのほか、実は歩兵と同じ肌色をしているキャラクターは全て歩兵から派生し、世界に溶け込んでいる。故に、必要あればエグゼリプスの操作で世論も操ることも可能だ。

2本で1つの深刻剣ノウギスは、斬撃時に刀身が伸びる闇属性剣。とても扱いが難しく、エグゼリプス以外は使いこなせない。それほど深刻な剣だ。常に剣術を鍛えているエグゼリプスは剣を進化させ、1つに集約して本来の能力を最大限に引き出すことにも成功した。
エグゼリプスの本来の使命は、魔王が生み出した魔獣の中で成長が著しく、魔王の強さを超える恐れがある魔獣の討伐だ。極秘任務のためバディは持たない。一人で一つ眼クラスを倒したこともある。

歩兵の使い方が秀逸なのが特徴。自分の行動と引き換えに100体まで同時に操れる。所持する剣と歩兵のコネクトも可能。エグゼリプスの戦術に敵はいない。
posted by ヴァル at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 付録_暗黒のヴァル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。